海外で話題になり、最近日本でも注目され始めてきたCBD製品。しかし、まだ日本の市場に浸透し切っているとはいえず、どんな風に買えばいいのかわからないと悩んでしまいますよね。

CBD製品は、今の日本の法律では違法ドラッグにもなりうる大麻を使った製品なので、気をつけなければうっかり危ない製品を買ってしまう危険もあるんです。そこで今回は、安全にCBD製品を買うために注意したいポイントについて解説していきます!

安全なCBD製品と危険なCBD製品の違い

安全なCBD製品と危険で違法になってしまうCBD製品の違いは含まれている成分にあります。言わずもがなCBD製品は、大麻草の持っているカンナビジオールという成分が使われた製品です。一方、日本では法律上違法なドラッグとされている「大麻」、「マリファナ」にはTHC(テトラヒドロカンナビノール)という成分が含まれています。

このTHCが過剰に精神を活性させる成分です。つまり、いわゆる「ハイになる」成分ですね。CBDのみで作られているCBD製品は合法で安全とされていますが、THCがふくまれている商品は違法で危険なものです。

安全にCBD製品を買うためのポイント

安全なCBD製品を購入するためには、いったいどんな点に気を付ければいいのでしょうか?

厚生労働省がCBD製品を検査している

日本でCBD製品が売られるには厚生労働省の検査が必要です。検査を受けて、THCが入っていないことを確認され、認可されたCBD製品のみが合法的に扱われているます。安全なCBD製品を見極める際には、購入したいCBD製品が厚生労働省に認可されているかどうかをきちんと確認することが重要です。

CBDという成分は大麻草の「茎や種子」の部分から抽出され、THCは「花冠や葉」から抽出されるため、大麻取締法第一条では、「茎と種子」から抽出されて作られた大麻を原料にした製品は除外されています。大麻草のどこから抽出されて作られた製品なのかというのも気にしておくのがオススメです。

個人輸入ではなく正規の輸入代理店で買う

日本で出回っているCBD製品は、基本的に厚生労働省の認可を受けた上で販売されています。しかし残念ながら、現在市場に出回っているすべてのCBD製品が安心安全で、違法にはならないと言い切ることはできません。

中には、厚生労働省の認可を受けていない非正規のCBD製品も売られているのです。なので、CBD製品を購入する時は、しっかりと注意をして、正規の輸入代理店で購入しましょう。

メーカーやブランドで見分ける

きちんとした品質を持っており、合法的になおかつ安心して買うことができるCBD製品を見分けるポイントは「メーカー」や「ブランド」で見分けることがです。

国内で販売されているCBD製品は、基本的に海外で作られてから日本に輸入されています。ブランドがしっかりした商品ならば、メーカーをネットで調べれば海外の紹介記事を見つけることができるでしょう。

日本の販売サイトに、アメリカで一番人気のブランドというような謳い文句があったとしても、それを鵜呑みにして信用することはできません。手間ではありますが、自分でそのブランドやメーカーを一度調べてみましょう。

フルスペクトラムと表記された製品には手を出さない

近頃、フルスペクトラムCBDという製品が販売されていることがあります。普通のCBD製品より効果が出ると謳われているのですが、これは虚偽の表記であることが非常に多いです。

また、フルスペクトラムというのが事実なのだとしたら、日本では違法になってしまうTHCなどの成分を含んでいる可能性があります。なので、「フルスペクトラムCBD」と書かれている商品には手を出さないようにしましょう。

CBDの含有量と値段をしっかりチェックする

国内で取り扱われているCBD製品で、輸入品でないものはありません。なので、CBD製品の値段が高くなってしまうのは仕方がないといえます。CBD製品にはブランドも種類もたくさんありますが、種類が同じで、濃度や容量が同じならば値段に大きく差が出ることはまずないでしょう。

ただす、メーカーの中には明らかに高い値段で売っているところもあるので注意しなければいけません。一方で、安すぎる値段で売られているCBD製品にも注意してください。こういった製品は本当に表記されている成分が入っているのかなど、なんとも言えない部分があるため、購入は控える方がいいでしょう。

購入前に販売者に質問してもOK

CBD製品を取り扱っている販売者は、CBDや大麻草の知識もたくさん持っています。なので、可能ならば購入前に電話やメールで製品に対して説明を求めるのもオススメです。

また先ほど「メーカーやブランドで見分けよう」の項目で触れたように、日本の販売代理店の情報を見るのではなく、製造元のホームページもチェックするのも欠かせません。

総合ECサイトで買うときも注意が必要

CBD製品は、楽天やYahoo!ショッピングなど、日本でもお馴染みの総合ECサイトでも購入することができます。しかし、いつも使っているサイトで販売されているからと言って、必ずしもそれが安全な商品とは限りません。

総合ECサイトは、商品ごとに業者が独立して販売しています。なので、品質の悪いCBD製品を販売している業者も存在しているんです。品質の良くないCBD製品は違法成分のTHCが混入している危険もあるので、手を出さないようにしましょう。

総合ECサイトを使ってCBD製品を購入したい時は、その販売元が信頼できる業者やメーカーなのかをきちんとチェックしてくださいね。

CBD製品専門の店や専門ECサイトでの購入がおすすめ

CBD製品を専門に取り扱っている店舗やECサイトもたくさん存在します。専門店は、豊富な種類のCBD製品が扱われていることが特徴です。店舗の場合は実際に店員から直接アドバイスを受けながら購入することもできますし、商品を手にとって選ぶことができるのでかなり安心できますね。

ただ、CBD製品の専門店は日本にはまだまだ少ないのに加えて、都内に集中しています。居住地によっては気軽に行けないのが難点です。

専門ECサイトには2種類あります。CBD製品を正規で輸入して販売するサイトとCBD商品を作っているメーカーから直接CBD製品を買うことができる直販サイトです。

どちらもそれぞれのメリットがあり、正規輸入しているサイトの場合は、幅広い商品から品質の良いものや安心なもので、なおかつ自分にあったものを探すことができます。メーカーの直販サイトは扱っているCBD製品についての詳しい説明がありますし、気になっている製品の製造法や管理の仕方についても確認がしやすいですよ。

専門でCBDを扱っているサイトが安心かどうかをチェックするためのポイント

上の項目で、専門でCBDを扱っているサイトをオススメさせていただきましたが、もちろんすべてのCBD製品専門サイトが安心して利用できるサイトとは限りません。中には危険なサイトも存在します。そこで、安心にCBD製品を買える専門店かどうかを見分けるためのポイントを紹介します。

・正式な輸入許可を得ている

・厚生労働省の許可を得ている

・大麻草の「茎や種子」から抽出したCBD製品であることを明記している

・大麻取締法、食品衛生法、薬事法、麻薬及び向精神取締法を尊守している

・たくさんの販売実績があり、購入者からのレビューを公開している

・法人でインターネット上、もしくは実際に店舗がある

これらのポイントが満たされているかどうか、きちんと確認してくださいね。

しっかりと注意して安心安全にCBD製品を手に入れよう

安全なCBD製品を購入するために注意したいポイントについて紹介しました。まだまだ日本では目新しい商品のCBD製品。魅力的な効果があると同時に一歩間違えば違法なものを手に入れてしまう危険性はたくさんあります。

いろいろと調べたりチェックしたりするのは少し手間かもしれませんが、違法なCBD製品を手に入れてしまわないように購入の際はしっかりと注意を払ってくださいね!